多言語化する前に知っておきたいの7つのルール Webサイトのターゲットが国内だけでなく海外にもいる場合、サイトの多言語化をすることはとても大事です。ただし、最初に何の設定もせずに多言語化をしてしまうと、ページがスパム扱いされたりうまくクロールされなかったり、といったトラ ... 続きを読む⇒
「Googleウェブサイト翻訳ツール」を使ってWebサイトを簡単に多言語化 Webサイトを多言語化する際、Googleでは、自動翻訳ページがスパム扱いされる可能性を指摘しています。このことからも分かるように、できる限りは人の手によって管理された翻訳ページを用意することが ... 続きを読む⇒
登録した会員だけにWebサイトを公開したいという場合に便利な「会員制サイト」。通常はプログラムでシステムを構築しますが、WordPressプラグインをうまく組み合わせて利用すれば、会員登録からログイン、権限設定、退会まで簡単に管理できる会員制サイトを作ることができます。 続きを読む 続きを読む⇒
企業やサービスのロゴを、クリック操作のみで簡単に作ることができるオンラインサービスをまとめてご紹介します。ここまで簡単に高品質なものが作れるようになったことはうれしいことです。
ブログや小規模な団体のロゴなどにもいいですね。 ダウンロードは無料ではありませんが、かなり安価に利用できるので、簡単にロゴを作りたいというときに利用してみてはいかがでしょうか。 続きを読む 続きを読む⇒
ギャラリーサイトやポートフォリオ、ブログまで幅広く使えるグリッドレイアウトを簡単に、しかも超軽量なスクリプトで実装できる「minigrid」をご紹介します。画面サイズが変わると自動的に並び直して、きれいに整列します。 続きを読む 続きを読む⇒
マテリアルデザイン仕様でサイトを構築したい、という方に向けたフレームワークをGoogleが無償公開しました。これらを読み込んで使うことで、マテリアルデザイン仕様として最適化されたサイトを手軽に作ることができます。素早くサイト制作ができるのはもちろん、モバイルフレンドリーなサイト制作にも活かすことができるのがうれしいですね。チェックしてみてはいかがでしょうか 続きを読む 続きを読む⇒
アプリを制作する上で参考にしたい、「マテリアルデザイン」。、実際にこれに基づいてアプリを制作する際にとても参考になるテンプレート集&無料素材集があります。マテリアルデザインのインスピレーションを得るには最適なサイトです。この中でも特に面白い素材をいくつかご紹介します。 続きを読む 続きを読む⇒
今回は、ユーザーの操作によって生まれるアニメーションについて考えてみます。アニメーションも、形やカラーと同様、基本はシンプル。 現実世界の物理の法則に従い、直接カードを操作しているかのような、自然で美しい動きを求めます。また、単に分かりやすさや操作のしやすさだけを追求するのではなく、楽しく面白い感覚を目と指先に与えてくれています。 続きを読む 続きを読む⇒
Googleのすすめるマテリアルデザインでは、色は紙の上に印刷されたインクとして考えられます。色相の差は大胆で鮮やか。一画面に使用する色数は少なくシンプル。基本的に5つのカラーで構成します。 続きを読む 続きを読む⇒
昨年からGoogleが提唱している「マテリアルデザイン」。一見するとフラットデザインと同じように見えて、何をもってマテリアルデザインなのか、わかりにくく思えます。 物理の理論に忠実に従いながら、ユーザーの操作に合わせてフレキシブルに形を変えることができるのが、マテリアルデザインです。 そこで今回は、マテリアルデザインの基本的な特徴や考え方についてご紹介します。 続きを読む 続きを読む⇒
コンテンツの区切りに水滴を落としたような、波打つエフェクトを見せてくれる「Raindrops.js」をご紹介します。ぽちゃん、と音がしそうな幻想的な効果が素敵です。波形のアニメーションは6種用意されています。オプションの数字を変えるだけで様々な水滴の感じを表すことができるので、興味がありましたら、ぜひ試してみてください。 続きを読む 続きを読む⇒
スライダーでパラメーター調節するだけで自分だけのオリジナルフォントを簡単に作れて、しかも無料でダウンロードできるオンラインサービス「metaflop」が便利です。「もう少し、ここがこうだったらいいのに」という細かな好みの違いで使えないとき、ぜひ試してみてください。 続きを読む 続きを読む⇒
少し前から注目されている「インバウンドマーケティング」。Webマーケティングでは主流になりつつある手法です。広告出稿費用をかけず、地道な努力で顧客を獲得するその手法は現在も日々発展しています。そこで今回は、インバウンドマーケティングとは?という基礎知識から実践方法までをご紹介します。 続きを読む 続きを読む⇒
CodePenには毎日、クールなアニメーションやエフェクトを実現する面白いコードがたくさん公開されています。新しいアイデアを試す実験的なコードもあり、目が離せません。今回はその中でも、CSSだけで実現するエフェクトをいくつかご紹介します。 コピーして使うのもいいですが、コードを参考に、新しいエフェクトづくりに挑戦してみてもいいですね。 続きを読む 続きを読む⇒
サイトのイメージを大きく左右するのは、やはり画像。そこで、サイト制作に使える無料の画像素材サイトをご紹介します。 そこそこいいイメージを無料でというわけではなく、驚くほどクオリティが高く、素人では撮る・作ることができないような高品質な画像を提供しているサイトばかりです。 続きを読む 続きを読む⇒
Photoshopで写真を油絵で描いたように仕上げるビデオチュートリアルが紹介されていました。再生時間は3分ほど。英語ですが、動画なので手順は分かりやすいです。解説とキャプチャを添えながら順を追って実践してみました。 続きを読む 続きを読む⇒
左右にスライドするコンテンツを、更にクリックでズームして詳細にみせてくれる「Zoom Slider」。コーポレートサイト、ブランドサイト、ポートフォリオなど、多様な用途で使えそうです。ieは10から対応しています。その他のブラウザには全て対応。画像をスタイリッシュに見せたいときに、使ってみてはいかがでしょうか。 続きを読む 続きを読む⇒
集客効果アップ!AIDMA、AISASの法則から見たランディングページの作り方 マーケティングを考える上で欠かせないのが「AIDMAの法則」。これは、広告宣伝に対する消費者の心理・行動プロセスを5段階に分けてモデル化したもので、次のように分類されます。 ①Attensi ... 続きを読む⇒
アカウントページとは、フォロワーに向けて配信するメッセージやPRページなどのコンテンツのほか、検索するユーザーにも広く公開できるアカウントページを作成できる機能です。 Webサイトの運営には手が回らない中小規模店舗のオーナーさんも、空いた少しの時間で配信や返信ができます。ぜひ活用してみてください。 続きを読む 続きを読む⇒
LINE@の「PRページ」を活用すると、通常のメッセージでは配信できない動画やURLにリンクしたボタン、クーポンなどのリッチな情報を盛り込むことができます。Webサイトで実装するには手間がかかるクーポンやアンケートもあっと言う間に完成。フォロワーにとっても手軽なツールなので、反応が集まりやすい点も魅力です。 続きを読む 続きを読む⇒
デバイスごとにcssを変えなければいけないナビゲーションメニューですが、Bootstrapを使えば簡単にコーディングができます。しかも、ドロップダウンメニューなどの面倒な小技も一瞬で作れてしまう手軽さ。 今回は、Bootstrapで作るいろいろなナビゲーションメニューの例をご紹介します。 続きを読む 続きを読む⇒
前回はアカウント作成後の基本設定についてご紹介しました。今回は、メッセージの一斉配信やタイムライン投稿、送信数のチェック、NGワード設定など投稿に関する基本的な操作方法をご紹介します。 続きを読む 続きを読む⇒
多数のお客さんやファンに向けてメッセージを送ったり商品・サービスのPRができるLINE@。今回は、アカウントを作ったらまずやっておきたい最初の設定についてご紹介します。例えば特定のキーワードを含むメッセージが来たときに応答するメッセージや、友だち追加時のあいさつ文も登録できます。 続きを読む 続きを読む⇒
情報発信のメリットや機能が盛りだくさんの「LINE@」。今回はそんなLINE@のアカウントの作り方についてご紹介します。インストールから管理画面の設定方法まで一連の流れを解説しています。 続きを読む 続きを読む⇒
さまざまな店舗・サービスが情報発信に利用しているLINE@。プライベートなLINEとは違い、フォロワーに向けて効果的な情報発信をできるしくみがあります。今回はこのLINE@の特徴や使い方について、何回かにわけてご紹介します。 続きを読む 続きを読む⇒
Flexboxの便利さは分かったけど、実際にどんな場面で、どのプロパティを使えばいいのか分からない・・・という方にオススメの体験デモをご紹介します。Flexboxでメニューを作るときの参考にしてみてはいかがでしょうか。 続きを読む 続きを読む⇒
Googleが提供するツールを用いてマークアップする方法をご紹介します。 ツールを用いてサイトを更新すると、Googleがサイト上のデータを認識できるようになり、そのデータが検索結果のリッチスニペットに表示されます。ただ、細かな指定には向いていないので、基本的なデータ部分はツールを使い、足りない部分は直接マークアップで補うという使い分けをするのもおすすめです。 続きを読む 続きを読む⇒
構造化データをマークアップする際、記述の文法やプロパティ名が間違っていると、正しく認識されず、効果を発揮することができません。 コードが長くなると、ミスも見落としがちに。スペルミスやカッコの閉じもれ一つで、せっかくのコードも意味がなくなってしまいます。 記述後は必ずテストツールでチェックすることをおすすめします。 そこで今回は、マークアップの確認に役立つテストツールをご紹介します。 続きを読む 続きを読む⇒
Google+ローカルページは削除できない!管理することが大切 Googleで企業やお店を検索すると、右側にGoogle+のローカル情報が表示されることは、多くの方がご存知だと思います。大企業であろうと個人経営の小さな店であろうと、実在の住所を持っていればほとんどの会社 ... 続きを読む⇒
今回は、構造化データをHTMLに追加するため、schema.orgボキャブラリをmicrodataフォーマットに従って記述する方法をご紹介します。 ここ数年の間にもschema.orgの取り組みはどんどん発展しており、今後もこまめにチェックしていく必要がありそうです。 続きを読む 続きを読む⇒