カスタマイズの幅が広く、デザインもブランドイメージに合わせられるWordPress。ECサイトとして利用したい、と考える方は多いのではないでしょうか。ただ、システムを自社で作り上げるにはコストがかかりますし、既存のプラグインを使う場合でも、日本の税率や住所表示などに対応できるものが少ない、という現状でした。 これらの問題を解決してくれるのが、WooCommerceです。 続きを読む ǂށ

カスタマイズの幅が広く、デザインもブランドイメージに合わせられるWordPress。ECサイトとして利用したい、と考える方は多いのではないでしょうか。ただ、システムを自社で作り上げるにはコストがかかりますし、既存のプラグインを使う場合でも、日本の税率や住所表示などに対応できるものが少ない、という現状でした。 これらの問題を解決してくれるのが、WooCommerceです。 続きを読む 続きを読む⇒
複数枚の写真の加工をしていると、全体の色調を合わせたいことがあると思います。特にサイトに使う写真であれば、同じトーンで揃えた方がキレイですよね。 トーンカーブやレベル補正を使えば微調整ができますが、「この写真と同じ色調にしたい」というときに便利なのが「カラーの適用」です。 写真加工をしていて、思うようなイメージに仕上がらない、というときには、イメージに合う写真と組み合わせてみるといいかもしれません。 ぜひ、試してみてください。 続きを読む &rar続きを読む⇒
HTML5やCSS3が発展を続けている今、Webデザインやアニメーションはますますダイナミックに進化しています。その変化を感じられる要素の一つがナビゲーションメニュー。もはやインデックスとしての役割でなく、サイトのテーマやデザイン全体に関わる重要なパーツになっています。 今回は、大胆で素敵なナビゲーションメニューを使った9つのサイトをご紹介します。 続きを読む 続きを読む⇒
ページの隅にあるボタンをタップorクリックすると、ナビゲーションがスライドしながら出てくるoff-canvasメニュー。Facebookでもおなじみのメニューですね。レスポンシブ対応で、画面の小さなスマホでもコンテンツを邪魔せず、必要な時にシュッと表示させることができるのでとても便利です。 今回はこのoff-canvasメニューに様々なエフェクトを付けることができるプラグインをご紹介します。 続きを読む 続きを読む⇒
前回、子テーマを作成するメリットと、子テーマの作り方についてご紹介しました。今回は、子テーマを利用して、テーマを簡単にレスポンシブ対応させる方法をご紹介します。 続きを読む 続きを読む⇒
WordPressでは、優れたテーマが多くの制作者によって配布されています。 ところが、バージョンアップしてしまうと、それまでカスタマイズも消えてしまうのが難点。 そんなときに便利なのが、子テーマです。 WordPressでは、親テーマと子テーマに同じ名前のファイルが存在すれば、最初に親テーマを読み込み、次に子テーマを読み込んで上書きします。 どういうことなのか、実際にやってみましょう。 続きを読む 続きを読む⇒
昨年の11月にリリースされた「Firefox Developper Edition」。開発者のために作られた唯一のブラウザで、作成、テスト、サイズの変更など、Web開発を強力かつスピーディーに進める便利な機能が多数搭載されています。もちろん、全て無料で利用できます。 今回は、このブラウザが持つ9つの便利機能をご紹介します。 続きを読む 続きを読む⇒