フォローする

Googleアプリを活用しよう!Googleインドアビュー編

Googleアプリを活用しよう!Googleインドアビュー編

飲食店や雑貨店、サロンなど、そのお店の雰囲気が集客を左右するような店舗を持つ人にとって、内観をアピールすることはとても有益です。
そこでおすすめなのが、Googleインドアビュー。
2010年にスタートしたサービスで、優れたマーケティングツールとして注目を集めています。

■インドアビューとは、

言ってみれば、Googleストリートビューの室内版。
ストリートビューの技術を駆使し、店内を360°のパノラマで見渡すことができるサービスです。

インドアビューとは

店内を散歩するように、マウスで移動が可能です。
スマホやタブレットにも対応しているので、近場でお店を探しているユーザーに対し、強力にアピールすることができます。

また、GoogleマップやGoogle検索など、他のサービスとも連動し、集客につながる情報発信が可能です。

・Googleマップ

Googleマップ

・Google検索

Google検索

■導入方法

インドアビューの詳細ページ
https://www.google.co.jp/intl/ja/maps/about/partners/businessview/get-started/

から、Google認定パートナーに依頼をします。
認定パートナーは、Googleによりライセンスを付与されており、インドアビューの撮影に必要なトレーニングやガイダンスを受講しています。
店内の写真撮影とインドアビューの公開手続きは全て認定パートナーが行います。Webサイトなどを見て、お気に入りのパートナーを見つけ、個別に依頼します。

インドアビューの詳細ページ

■料金

料金は実質、撮影料のみで、サービスの利用料等はかかりません。
撮影料は認定パートナーによって料金体系が異なるので、撮影品質と料金を比較検討し、パートナーを決定しましょう。

■活用方法

インドアビューを自社サイトに埋め込むこともできます。
飲食店などの店舗に限らず、ホテルの部屋をサンプルとして見てもらったり、採用サイトで社内の雰囲気を体験してもらったり、様々な使い方が考えられます。

■活用事例

大阪城
https://www.google.co.jp/maps/@34.6874149,135.5259077,3a,75y,163h,90t/data=!3m5!1e1!3m3!1szZIFFSyhJdoAAAQJOHDxqA!2e0!3e2!6m1!1e1

活用事例

観光しているように、お城の中を探索できます。

神戸市立博物館
https://www.google.co.jp/maps/place/%E7%A5%9E%E6%88%B8%E5%B8%82%E7%AB%8B%E5%8D%9A%E7%89%A9%E9%A4%A8/@34.6873487,135.1928126,3a,52.5y,275h,90t/data=!3m5!1e1!3m3!1s_xwBD9HHF_dExiQ7NtvGKg!2e0!3e5!4m2!3m1!1s0x0:0xf1a8f2ac804a4901!6m1!1e1

神戸市立博物館

こちらも、館内をぐるりと見て回ることができます。

もちろんこの他にも、カフェやレストランなどでインドアビューを利用している施設はたくさんあります。
写真とは違い、自分で行きたい場所、見たい場所に移動できる点が魅力のインドアビュー。画像を工夫すれば、オリジナリティを出すこともできますね。
下は海外の企業のインドアビュー。楽しいオフィスの雰囲気が伝わってきます。

Adviso

https://www.google.ca/maps/place/ADVISO/@45.5266273,-73.5807438,3a,75y,69.91h,71.3t/data=!3m5!1e1!3m3!1sZWYGMo6Cz9uP_L53fvRRqg!2e0!3e2!4m2!3m1!1s0x4cc91bd0705f5305:0x9be842a9f4628929?hl=fr

Adviso

全世界に向けた広告として考えれば、費用はかなりリーズナブル。
集客に役立ててみてはいかがでしょうか。