本当に信頼できる会社にホームページを任せていますか?実績10年以上のWEBデザイナーが代表です

GoogleMap活用方法 地図を好みのデザインにカスタマイズする

GoogleMap活用方法 地図を好みのデザインにカスタマイズする

アクセスマップページにGoogleMapを埋め込んでいるサイトは多くありますが、サイトによってはMapのデザインを変えたい、という場合もあると思います。そこで、GoogleMapを簡単にカスタマイズする方法をご紹介します。

カスタマイズには、GoogleMaps APIを使います。GoogleMaps APIにはいくつかの種類がありますが、ここではGoogleMaps JavaScript APIを利用します。

◆GoogleMaps JavaScript APIでマップをカスタマイズする方法

まずは、個別のキーを取得しましょう。
キーの取得は、公式ガイド「JavaScript API のキーを取得する」
から行えます。「キーを取得」ボタンから、表示される手順に従って取得してください。

・基本のマップをコードで表示する

下記は、最も基本的なマップを表示するコードです。scriptタグ内の「YOUR_API_KEY」には取得したキーを入れてください。

[HTML]


<!DOCTYPE html>
<html>
 <head>
   <style type="text/css"> //マップを画面いっぱいに表示する
     html, body { height: 100%; margin: 0; padding: 0; }
     #map { height: 100%; }
   </style>
 </head>
 <body>
   <div id="map"></div> //マップを表示する領域の確保
   <script type="text/javascript">

var map;
function initMap() { //マップをID mapに埋め込む関数
 map = new google.maps.Map(document.getElementById('map'), {
   center: {lat: 緯度, lng: 経度}, //マップの座標を指定
   zoom: 8 //マップの拡大倍率を調整
 });
}

   </script>
   <script async defer
     src="https://maps.googleapis.com/maps/api/js?key=YOUR_API_KEY&#038;callback=initMap">
   </script> //GoogleMaps JavaScript APIの読み込み
 </body>
</html>

このコードを元に、カスタマイズしていきます。

①まずは座標を設定し、該当の地図を表示させてみましょう。

・緯度と経度の指定

WebでGoogleマップを表示させ、該当地点を右クリックします。

「この場所について」をクリックすると、マップの下部に座標が表示されるので、座標をクリックします。

検索ボックスに座標が表示されます。カンマで区切られているので、前方をコードの緯度の部分に、後方を経度の部分にペーストします。

・拡大倍率の指定

zoomに数値を記述します。用途に合わせて調整してください。下のサンプルでは16に設定しています。

②スタイルを変更してみましょう

基本のスタイルを変更するには、先述の関数initMap内にオプションのコードを追加します。

一つの要素ごとに色や明るさなどを変えることができます。下記の例では、道路や公園などを示す「地物」の形状(geometry)と、その名称をテキストで示すラベル(labels)についてそれぞれカスタマイズしています。
スタイル可能な要素とプロパティについてはGoogleMaps JavaScript APIのサポート

「スタイルの構文」が参考になります。

[HTML]


var styles = [
{
stylers: [
{ hue: "#00ffe6" }, //基本色を変える
{ saturation: -20 } //彩度を変える
]
},{
featureType: "road", //地物を指定
elementType: "geometry", //地物の形状やテキストのラベル、アイコンなどを指定
stylers: [
{ lightness: 100 }, //明るさの設定
{ visibility: "simplified" } //要素の表示の有無を指定
]
},{
featureType: "road",
elementType: "labels", //ラベルをカスタマイズ
stylers: [
{ visibility: "off" } //表示をなくす
]
}
];

map.setOptions({styles: styles});

これで、上のように表示されます。
このように、手作業でもコードを変更できますが、Style Map Wizardでは、編集パネルで簡単にスタイルを変更することができます。

スタイルを変更したい要素ごとに設定し、右側の「Map Style」パネルで「Add」ボタンをクリックすると、どんどん追加することができます。コードの取得は、「Map Style」パネルの下のほうにある「show JSON」をクリックするとコードが表示されます。

③マップアイコンを変更してみましょう

アイコン画像をオリジナルのピンに変更することもできます。アイコンにしたい透過画像を用意し、画像のパスと位置を設定すればOKです。

[HTML]


var image = 'images/画像.png';
var beachMarker = new google.maps.Marker({
position: {lat: 緯度, lng: 経度},
map: map,
icon: image
});
}

アイコンにアニメーションを付けることもできます。
サンプル(sample.html)

[HTML]


var image = 'images/beachflag.png';
var beachMarker = new google.maps.Marker({
animation: google.maps.Animation.DROP,
position: {lat: 34.717785, lng: 135.256624},
map: map,
icon: image
});
&nbsp;
marker.addListener('click', toggleBounce);
}
&nbsp;
function toggleBounce() {
if (marker.getAnimation() !== null) {
marker.setAnimation(null);
} else {
marker.setAnimation(google.maps.Animation.BOUNCE);
}

カスタマイズの方法やカスタマイズできる方法はアップデートされ続けています。以前できなかったことができるようになったり、その逆もあるので、最新のサポート情報をチェックしながら、好みのデザインのマップを作ってみてはいかがでしょうか。

コメントは受け付けていません。


まずはお気軽にご相談下さいホームページ制作についてのお問合せ


低価格プランホームページ制作実績スマートフォンサイト制作お問合わせフォーム


お問い合わせ

ホームページ制作相談室は代表をはじめWEB技術者だけの会社です。営業マンは1人もいないので営業は行いません。