SEO対策に役に立つツール

ボタン
Home >ペナルティーを受けやすいSEO対策
自社サイトで実証済みのSEO対策を行います。
SEO対策悪質業者に注意?バックリンクでペナルティーを受け検索順位が急激に下がったSEO無料診断ツール

自分のサイトがどの様な常態かチェックするための無料ツール

より的確なSEO対策を行うために自社サイト・ライバルサイトのSEOの状況をより詳しく把握すると効果的です。

SEOチェキ:サイトのSEO状況のチェックが行えます。

http://seocheki.net/

解析が速いのが特徴です。
URLを入力すると以下の項目を解析してくれます。発リンクチェックツールやwhois情報チェックツールも提供しています。

解析項目

  • title
  • description
  • keywords
  • h1
  • 発リンク数
  • ファイルサイズ数
  • Google PageRank
  • Alexa traffic rank
  • インデックス数
  • 被リンク数
  • ソーシャルサイトからの評価
  • ディレクトリサービスへの登録状況
  • ホスト
  • ドメイン取得年月

ページトップへ

リンク切れチェックツール:サイト内のリンク切れのチェックを行えます。

http://www.dead-link-checker.com/ja/

調査には時間がかかりますが、細かく解析を出してくれます。

解析項目

  • 調査済みリンク
  • エラー数
  • エラーが検出されたURL

ページトップへ

Webマスターツール:Googleからのクロール情報が提供されます。

https://www.google.com/webmasters/tools/

自分のサイトがGoogleからどの様に認識されているかチェックすることが出来ます。
自分のサイトへのクロール依頼などSEOに役に立つ機能が盛りだくさんです。

私が利用する機能

  • サイトマップ登録
  • インデックスの状況
  • 検索クエリの調査
  • コンテンツのキーワード
  • クロールエラー
  • Fetch as google
  • HTMLの改善

ページトップへ

SEOTOOLS:SEOに役に立つ色々な解析データを提供してくれます。

http://www.seotools.jp/

自分のサイトの状態をチェックすることが出来ます。
ライバルサイトと自分のサイトの違いを比べる場合に利用すると参考になります。
解析速度も速く、印刷画面もついていますのでとても便利です。

解析項目

  • 最重要に設定されているキーワード
  • ページランク
  • トラフィックランキング
  • インデックス数
  • 被リンク数
  • カテゴリ登録
  • キーワード率
  • 強調タグ
  • ドメイン年齢

ページトップへ

SITE EXPLORER:バックリンクの効果をチェックがチェックできます。

http://www.opensiteexplorer.org/

自分のサイトに他のサイトから様々なリンクが張られているかと思いますが、どのサイトからのバックリンクが評価されているかをチェックする事が出来るツールです。
動きも早く同時に複数サイト解析できるため、ライバルサイトと自社サイトを比較することができます。

解析項目

  • サイトのタイトル
  • リンクアンカーテキスト
  • ドメインランキング
  • アンカーテキストランキング
  • ライバルサイトとの比較

ページトップへ

キーワード出現率のチェック

http://www.searchengineoptimization.jp/keyword-density-analyzer

ページ内でのキーワードの出現率を調べる事が出来ます。
読みやすさの事を考えると意識しすぎるのはよくないと思いますが、関連キーワードが記事内に存在しない場合は対策が必要です。解析速度も速いのでストレス無く利用する事ができます。

解析項目

  • タイトル要素
  • メタキーワード
  • メタディスクリプション
  • 構成単語数
  • 総単語数
  • 出現頻度

ページトップへ

相互リンクチェッカー:サイトへの外部リンクが正しく設定されているか調査できます。

http://www.wodge.biz/linkchecker/

自分のサイトと相互リンクを行っているサイトから正しくリンクが行われているかチェックする事が出来ます。1度に5件しか行えませんが相互リンクのチェックは目視で行うと非常に面倒なので便利なツールかと思います。
何度でも無料で使用でき解析結果も総リンク数なども確認することができます。

解析項目

  • リンクがされているかの判定
  • 総リンク数
  • 内リンク数
  • 外リンクk数

ページトップへ

goodkeyword:Google・Yahooでサジェストされるキーワードを調べる事が出来ます。

http://goodkeyword.net/

サイトやページを作る際にどの様のなキーワードを設定してよいか分からない時に利用します。検索回数が見れないのが欠点ですが、検索回数の多いキーワードを調べる事が出来るだけでも参考になります。

解析項目

  • Yahoo/Googleサジェスト
  • Googleサジェスト
  • Yahooサジェスト
  • マルチサジェスト
  • ショップサジェスト

ページトップへ

Internet Archive:過去に公開されていたサイト情報を閲覧することが出来ます。

https://archive.org/

オールドドメインを購入する際に利用すると便利です。対象のサイトが過去にどの様な情報を公開していたかなどさかのぼって見る事が出来ます。
消してしまったデータを復活させたい時に活用できるかもしれません。

解析項目

  • HPの過去の情報を検索

ページトップへ

ホームページのWhoise情報・METAタグ情報・サーバー情報・外部リンク情報を調査

http://www.aguse.jp/

サイトを色々な情報を調査する事が出来ます。SPAMメールについてきるURLのサイトのチェック(ブラックリスト判定結果)・サーバーの契約状況が分からなくなってしまった場合、どこのサーバーと契約しているか調べる、メタ情報、外部リンクの情報などSEOについても調査することが出来ます。
解析には少し時間はかかりますが解析項目を見ると納得です。

解析項目

  • サイトのタイトル
  • IPアドレス調査
  • 最終更新日
  • METAタグ情報
  • サーバー証明情報
  • 同一サーバー上のほかのウェブサイト
  • 外部リンクサイト
  • サーバーの位置情報
  • Whois情報
  • 管理者情報
  • ブラックリスト判定結果

ページトップへ

ペンギンアップデート・パンダアップデートがサイトに影響したから調べるツール

http://www.barracuda-digital.co.uk/panguin-tool/

サイトがパンダアップデートやペンギンアップデートなどに影響されていない調べるツールです。ツール内ではGoogleのペンギンアップデートが発生した時期とサイトへのアクセス数を比較することができます。
要するにペンギンアップデートが起こった時にサイトのアクセス数が大きく減っている時はペナルティーを受けている可能性が高いという事です。
Googleアナリティクスの解析データと照らし合わせる為、Googleアナリティクスへの登録は必須です。
赤色の縦線がパンダアップデート青の線がペンギンアップデートです。

解析項目

  • Googleの検索プログラムの変更時期
  • サイトのアクセス数
  • ペンギンアップデート時期
  • パンダアップデート時期

ページトップへ
竹内慶

DREAM-NETでは以上の事を大切に考えて対策を行っています。
以上で説明した事はサイトを運営する上で基本的な事だと考えています。
サイトを評価してもらう為には常にユーザーに役に立つ情報を公開する必要があります。
更にFACEBOOKやGoogle+などと連携しより多くの人に情報を閲覧してもらうと 効果的です。

まずはお気軽にご相談下さい
ホームページ制作についてのお問合せ


SEO対策悪質業者に注意?バックリンクでペナルティーを受け検索順位が急激に下がったSEO無料診断ツール


お問い合わせ

ホームページ制作相談室は代表をはじめWEB技術者だけの会社です。営業マンは1人もいないので営業は行いません。