Home > アジャイル開発対応致します。
本当に信頼できる会社にホームページを任せていますか?実績10年以上のWEBデザイナーが代表です

長期開発プロジェクトを小規模な開発に分け部分的にリリース!短納期で低リスクな開発プランをご提案

新しい開発スタイルアジャイル開発対応します。

システム開発には、従来型の開発スタイルである、ウォーターフォール型開発と
新しい開発スタイルのアジャイル開発との2パターンあります。

ウォーターフォール開発は、最初にお客様とのお打合せで決定した仕様と設計に基づいて忠実に実装を行い仕様と設計を満たした時点でシステムリリースを行います。
アジャイル開発とは、ひとつのシステム開発案件を、小規模なシステム開発に分け部分的にリリースする開発工法の事をいいます。リリースまで3ヶ月かかるシステム開発を、2週間程度の開発に分け優先度の高い重要なシステム開発から順に着手し部分的にリリースを行います。第一段階でのリリースは、主要機能のみのリリースとなりますので、この時点では、用件の全てを満たしている機能ではありません。後に部分的な機能の追加リリースが行われ最終的に用件の全てを満たしたシステムがリリースされます。
出来上がるシステムは、ウォーターフォール型開発スタイルと同じものになりますが、アジャイル開発の場合は、ひとつのシステム開発案件を、数個のプロジェクトに分けて開発を行うため、第一段階のメイン機能のリリースが完了し、動作確認を行った際に、更に便利なアイデアが生まれた場合、次の開発に反映する事が出来るため、ウォーターフォール開発に比べ結果、より優れたシステムがリリースされる可能性が高くなります。
また、2週間程度の開発プロジェクトに分けるため、リリースまでの時間が大幅に短縮できるため、お客様に部分的な動作確認を行っていただく事が出来るため、お客様とプログラマーとの認識の違いが起こり難く、思い通りのシステムが納品してもらえなかったという問題が起こり難くなります。
費用面では、ウォーターフォール開発の場合は、大規模なシステム開発になるため、全ての開発費用を一括でお支払いいただく事になりますが、アジャイル開発の場合は、小規模な開発プロジェクト毎のお支払いとなりますのでお客様の予算に合わせた開発プランをご提案する事が出来ます。

ウォーターフォール型開発とアジャイル型開発の比較図

ウォーターフォール型開発:企画⇒用件定義⇒設計⇒開発⇒テスト⇒リリース

アジャイル型開発複数の用途が存在するシステムは部分的な開発に分け重要度の高い開発から行いリリース、次にオプション機能の開発を行い最終リリースを行います。

お客様にとってリスクの少ない開発スタイル。アジャイル型システム開発のメリット。アジャイル型開発システムはお客様にとって機能面や費用の面など多くのメリットがあります。お客様の意見を確認しながらより丁寧な開発が可能になります。アジャイル開発のメリットをご紹介いたします。

優先度の高い大事な機能の開発を短納期でリリースできる。

急ぎでシステムのリリースが必要な場合、重要な機能を先に開発し公開する事が出来ます。
後に、オプション機能等の開発を行い順次リリース作業を行います。
例えば、6ヶ月の開発期間が必要なプログラムの場合、重要な基礎部分のシステム開発のみを行いリリースする場合、2ヶ月程度で対応できる可能性が出てきます。

お客様が実際に動く機能を試せるので、仕様の間違いなど早く対応する事が出来る。

通常のシステム開発の場合、全ての開発が完了してからお客様に確認していただく事になりますが、アジャイル型のシステム開発の場合は、プロジェクト毎にリリースを行うため、部分的な開発が終えた段階でその都度、システムの動作や機能の確認を行っていただく事が出来ます。このことから早期の段階でお客様からの用件を正しく満たせているかを確認する事が出来ます。

プロジェクト毎の開発で気付いたプラスになるアイデアを次のプロジェクトの
システム開発に反映する事が出来ます。

通常のシステム開発の場合は、最初に決定した仕様や設計を守って開発を行うため、途中での軌道修正は難しいですが、アジャイル型のシステム開発は数個のプロジェクトに分け開発を行うため、その都度動作確認をお客様に行っていただき、発見したプラスのアイデアを次のプロジェクトに活かす事が出来るため結果よいシステムがリリース出来る場合が多くあります。

お客様の予算に合わせたシステム開発が可能です。

通常のシステム開発は、お客様のご要望をお伺いし設計した内容全てを作業費用としてお見積もりをご用意します。全ての開発費用となるため場合によっては高額となりお客様のご予算を超えてしまう場合があり、システム開発を見送らなければならない事があります。
アジャイル型のシステム開発は、数個のプロジェクトに分けプロジェクト毎にシステム開発費用をお見積もりとして提出いたします。
例えば、1つの開発を5個の開発プロジェクトに分けた場合は、通常のシステム開発費用を5分割できる事になります。最も重要なシステム開発を先に行い、オプションとなるシステムは予算が出来次第、開発という事も可能です。

ユーザーが扱いやすいよりクオリティーの高いシステム開発が可能に。

ウォーターフォールの場合は、最初の打合せで全システムの仕様や設計を行いますが、アジャイル型のシステム開発の場合は、ひとつのプロジェクト毎に、クライアント様とプログラマーで詳細な打合せを行い、システム開発行いますので、よりクオリティーの高いシステム開発が行える可能性が高くなります。
また、プロジェクト毎にリリースを行うためクライアント様の動作確認の負担が減り、集中した動作確認が行えます。このことからより良いアイデアが出やすいくなり、結果、ウォーターフォール型の開発よりクオリティーの高いシステムがリリースできたという事があります。


まずはお気軽にご相談下さいホームページ制作についてのお問合せ

システムパッケージ化により更に低価格でご提案

DREAM-NETにはいろいろなシステム開発実績があります。
ご依頼の多い開発案件、ポータルサイトシステムや、予約システム、簡易カルテシステムについては、パッケージ化を行い低価格、短納期を実現いたしました。

ポータルパッケージ

ポータルサイトパッケージ

マスター管理画面、店舗管理画面付、フリーワード、条件、路線検索などから目的の情報を検索、店舗毎にクチコミ機能、クーポン機能等、その他多くの機能を装備しています。
一般のポータルサイトシステムより、充実した機能を装備しております。

電子カルテシステム

電子カルテシステム

エステやサロンでのご利用に適しています。店舗様がお客様専用画面を用意し、アカウントを発行する事で、前回施術内容や次回の施術内容をWEBを通してお客様へ報告、購入商品等を管理する事も可能です。簡易的な売上管理機能もついております。

カレンダー空席予約システム

カレンダー空席予約システム

空室状況を管理し、空き部屋状況をお客様に照会していただき、予約を行っていただく予約管理システムです。
フェリーの空室予約システムで利用するなど、 開発のご要望に合わせてシステムカスタマイズのご提案も行えますので、お気軽にご相談下さい。


 営業は行いませんので安心してお気軽にご相談下さい。

DREAM-NETは、WEBデザイナーである代表をはじめ、技術者のみで構成された営業マンが1人もいない制作会社です。
自社サイトのSEO対策とクチコミ、紹介のみで仕事をいただいています。
営業は行いませんので安心してご相談下さい。
また、技術者のみの作業時間でお見積りをご用意いたしますので低価格での対応が可能です。
部分的な作業のお手伝いも致しますのでお気軽にご相談下さい。


まずはお気軽にご相談下さいホームページ制作についてのお問合せ


お問い合わせ

ホームページ制作相談室は代表をはじめWEB技術者だけの会社です。営業マンは1人もいないので営業は行いません。